【雫/スキマスイッチ】歌詞の意味を考察、解釈する。

スキマスイッチの「雫」は、人気の高いNHKアニメ「獣の奏者エリン」の主題歌です。
この曲の世界観や歌詞の魅力について詳しく探ってみましょう。

少しイメージが変わる

「雫」はスキマスイッチの曲であり、2009年にリリースされたアルバム「虹のレシピ」に収録されています。

この曲は、スキマスイッチの特徴的な歌声と民族調の楽曲が組み合わさった、新鮮で魅力的な一曲です。
歌詞には深い意味が込められており、ファンの間ではさまざまな解釈や考察が行われてきました。

その人気ぶりは、ファン投票で選ばれたベストアルバムにも収録されるなど、多くのリスナーの心を掴んできました。
ファンの間では、隠れた名曲として高く評価されています。


スキマスイッチの「雫」は、2009年にNHKで1年間放送されたアニメ「獣の奏者エリン」のオープニングソングとして採用されました。

スキマスイッチは、「ポケットモンスター」や「ドラえもん」、「鋼の錬金術師」など、さまざまな有名アニメの主題歌を提供しており、その歌詞は作品の核となる要素として魅力的です。

「雫」の曲調も、アニメの世界観に合わせつつも、アニメファンからも愛されるようにうまく調和しています。
この曲も「獣の奏者エリン」の冒険物語を引き立てる一曲となっています。


スキマスイッチの「雫」は、彼らの4枚目のオリジナルアルバムである「ナユタとフカシギ」に収録されています。

「ナユタ」と「フカシギ」は、それぞれ仏教の数字に由来する言葉であり、このアルバムには抽象的なメッセージやキーとなる数字が多く登場します。

このアルバムは、スキマスイッチのメジャーなイメージを少し変えることになる、奥深い内容のアルバムと言えます。

演奏する姿も魅力的

「雫」はシングルとしてリリースされていないため、公式のPVは存在しませんが、ゼップ東京で行われたライブ映像がご覧いただけます。

その映像では、スキマスイッチがアコースティックギターを鳴らしながら演奏する姿がとても魅力的です。
彼らが歌う切なくも力強い歌詞は、彼らのパフォーマンスと一体化することで、初めて感じることのできる魅力を持っています。

二人だから奏でられる表現

スキマスイッチの「雫」は、その歌詞に興味を持つ人が多く、ファンの中でも解釈が分かれることがあります。

特に、「獣の奏者エリン」のオープニングテーマとして使用されたことから、曲とアニメとの関連性について関心を持っている人も多いようです。

「雫」の歌詞は、スキマスイッチファンやアニメファンの両方から興味を引く、少し神秘的な要素を持っています。
その歌詞について検証してみることで、さらに深い理解を深めることができるでしょう。


スキマスイッチといえば、多くの人が切ない恋愛曲をイメージするのではないでしょうか。

「雫」も、一旦「獣の奏者エリン」の主題歌であるという要素を置いて解釈すると、恋愛の歌としても捉えられるかもしれません。

君がいないなら
僕の朝はもうやってこない

「君」は自分に飛び立つ力や希望を与えてくれたけれど、恋が終わりそれを失ってしまった。

心には傷があるけれど、最後の涙を流す時、君への思いを抱えて新たな一歩を踏み出そうと決める。

そんな失恋から立ち上がる男性の感情を、詩的に表現した曲のようにも感じられます。


「獣の奏者エリン」には、壮大な物語のキーストーリーとして、王獣リランという飛べる獅子のような生き物が登場します。
リランは主人公エリンに看病され、その恩義に応えてエリンに忠誠を誓います。

君を取り戻す
そればかり考えていた
時の濁流に
押し流されてしまわぬよう

この曲では、「君」とエリンを呼びながら、傷ついたリラン(僕)が歌っています。
その歌詞は「獣の奏者エリン」の物語とリンクしているように解釈することができます。

物語では、リランとエリンは大きな出来事に巻き込まれていきますが、エリンの素直さと優しさ、そして彼女が直面する過酷な運命を考えると、この主題歌は心を打つものとして愛されています。


2007年に大ヒットした「奏」をリリースした後、スキマスイッチは一度ソロ活動を経験しました。
その後、「雫」は彼らが再びスキマスイッチとして活動を再開したアルバム「虹のレシピ」に収録されました。

「雫」は、彼らがソロ活動の間に制作された曲とされており、彼らが再びスキマスイッチとしての活動を決断するまでの深い思いが込められた作品と考えられます。

たまらず閉じた瞼を 開けるとそこに君がいた

スキマスイッチの2人は、非常に才能豊かなアーティストです。
彼らはそれぞれソロ活動を経験することで、新たな世界を見つけることもあったのでしょう。

洗い立ての太陽が 僕らを優しく照らしている

2人だけの特別な音楽を再び創り出すという強い意志が、最後の歌詞に込められているかもしれません。

悲しみや喪失感

「雫」の歌詞は常に「僕」の視点から語られています。

「僕」が喪失感を抱きながら、どこにいて何を感じているのかを考えると、さらに深い洞察が得られるでしょう。

時間や場所、そして「僕」が目にする情景に思いを馳せながら、考察を深めていきましょう。


月が丘を行く 夜光虫を引き連れて
手付かずの一日が何も言わずに終わっていく

「雫」の歌詞は、月や夜光虫などの言葉によって夜の情景が描かれます。

夜光虫とは、夜になると海の中で輝くプランクトンのことです。
ネットで検索すれば、その美しい写真を多く見ることができます。
暗い海に青い光が広がっている光景は幻想的ですね。

そして、「僕」は今、月が丘を移動している様子を目にしています。
海を見下ろすと、夜光虫の光が広がっているようですね。

「僕」が月の移動を感じているということは、おそらくその場所に長時間いて景色を眺めているのでしょう。
静かにその場所に留まっている様子がうかがえます。

「手付かずの~」と歌われるように、一日何もすることなく終わってしまうようですね。
今、「僕」は何のやる気も感じられないのでしょうか。

「僕」が虚無感を抱えている心境が伝わってきますね。


僕が居なくても地球は回り続ける
君が居ないなら僕の朝はもうやってこない

月は、「僕」とは無関係に進んでいきます。
自分が存在しなくても地球は回り、月は移動することを実感しているようです。

また、自分に価値がないというニュアンスも感じられます。

それでは、「君」について考えてみましょう。

歌詞にあるように、「君が居ないなら~」という表現から、「僕」は「君」がいなければ朝が訪れないと思っています。

もちろん、朝は必ずやってくるものです。
時間が進み、月が沈むと太陽は昇ります。

ただ、「僕」にとってはずっと夜や暗闇が続くような感覚があるのでしょう。

朝の日の光を感じるような明るい気持ちがないという感情が伝わってきます。

「僕」は「君」がいなくなってしまい、暗い気持ちや喪失感を抱えているようです。

そのような状況下で、明るい気持ちを持つことができないのでしょう。

「僕」にとっては、「君」の存在が非常に重要だったということが伝わってきます。


「雫」の歌詞を読むと、自分が過去に経験した飛べる日々や楽しい思い出を感じることができます。

しかし、美しい思い出にだけ執着して生きていくことは困難です。

楽しい思い出といえば、家族や恋人、仲間などが頭に浮かぶこともあるでしょう。

「獣の奏者エリン」のアニメでは、リランやエリンの母親が彼女にとっての「君」である可能性もあります。

また、スキマスイッチの2人にとっては、お互いの存在がそうであったかもしれません。

「雫」のサビ部分では、翼と「君」を同時に失ったことが力強く歌われています。

「僕」は思い出を共有してきた「君」を失ってしまったのですね。

これを踏まえて考えると、「雫」は「僕」が抱える悲しみや喪失感に共感を覚えることでしょう。

獣の奏者エリンとのリンク

「雫」の歌詞と「獣の奏者エリン」の物語との関連性について、エリンの思いと「僕」の感じていることを掘り下げて考察してみましょう。

エリンの生い立ちや環境の変化などを考えることで、歌詞と物語がどのように呼応しているのか見ていきたいと思います。


「獣の奏者エリン」の物語において、主人公のエリンはお母さんとともに特定の村で暮らしていました。
お父さんの姿は見えませんでした。

その村では、大きな蛇のような獣「闘蛇」の世話をする役割がありました。

エリンのお母さんは「闘蛇」の世話を担当し、エリンは可愛い少女としてさまざまなことに興味を持っていました。

村での生活は平和で穏やかに見えます。
エリンは母親と一緒に暖かい日差しの下で走り回る姿が愛らしく描かれています。

ただし、エリンと村人との髪の色には違いがありました。
また、村人はエリンに対してもどこか距離を置いた雰囲気を持っています。

少し不穏な雰囲気も感じられますが、エリンは母親と共に暮らすことで幸せを感じているようです。

「雫」の歌詞に歌われる楽しい思い出の話は、村でのエリンの楽しい生活を思い起こさせますね。


平和な村での生活は突然終わりを告げます。

村で世話をしていた「闘蛇」が死亡し、エリンの母親はその責任を取ることになりました。

高い岩場から「闘蛇」の群れが泳ぐ水場に母親が突き落とされる様子は衝撃的でした。

「闘蛇」は凶暴な生物です。
もし襲われれば危険です。

エリンは母親を助けようと水の中に飛び込みますが、母親を救うことはできず、川に流されながら村を離れることになりました。

母親を失ったエリンの姿が、翼と「君」を失った「雫」の「僕」と重なるように感じられます。

楽しい思い出や喪失感が、「雫」の歌詞と「獣の奏者エリン」の世界観を結びつける要素となっていますね。


エリンは母親との悲しい別れを経験した後、新たな出会いがありました。

新しい生活の中でエリンは山で出会った野生の王獣に心惹かれ、王獣について学ぶことを目標としました。

母親を失った悲しみに打ち勝つように、エリンは目標に向かって歩み始めます。

「雫」の最後の歌詞は、まさにエリンの姿を思わせます。

翼のない「僕」は飛ぶことはできませんが、歩くことはできます。

母親を失ったエリンにとって、かつての「闘蛇」の村での生活はもはやありませんが、エリンは新たな目標を胸に抱き、前進し続けます。

このように考えると、「雫」と「獣の奏者エリン」の物語がリンクしていることを感じることができますね。

どん底からの再起

背中にあった翼は
君とともになくした
飛べた頃の記憶は
擦り傷のようには
消えてくれない

人はいつも自分に力を与えてくれるものを手に入れるわけではありません。
それは「君」と呼ばれる存在であり、恋人かもしれませんし、職場の仲間かもしれませんし、「獣の奏者エリン」のような人物かもしれません。

しかしそれらを失ってしまう、なくしてしまう経験は必ずあります。
そうした失敗は人々の記憶に深く刻まれ、手に入れることのできないものとして残ります。

人々は苦労し続けながらも、枯れるまでその失われた翼を悔やみます。
しかし、そんな時に思い出として翼を消化し、必要のないものだと言いながらも、君を胸に抱いて前に進むのです。

このようなどん底からの再起経験をした人々は、誰もが「雫」に共感するのです。

それがスキマスイッチの「雫」が、隠れた名曲としてファンから愛される理由なのでしょう。

新たな力で前に進む

スキマスイッチの「雫」は、「獣の奏者エリン」の主題歌としても、またスキマスイッチの隠れた名曲としても愛される一曲です。

この曲の奥深い歌詞を私はどうとらえるでしょうか。

「雫」の歌詞は、失われたものや喪失感、そして再起への願いを表現しています。
一人の人間の心の内側にある葛藤や感情が、繊細かつ詩的に描かれています。

私はこの曲を聴くと、一人の人が自分自身と向き合い、過去の痛みや喪失を背負いながらも、新たな力を見つけ出し前に進もうとする姿勢を感じます。

「雫」のメロディーと歌詞が織り成す世界は、聴く人々に心の奥底に響く何かを呼び起こすのではないでしょうか。

是非とも心をまっさらにして「雫」に耳を傾け、その奥深さに触れてみてください。

関連 【全力少年/スキマスイッチ】歌詞の意味を考察、解釈する。

関連 【ボクノート/スキマスイッチ】歌詞の意味を考察、解釈する。

関連 【奏/スキマスイッチ】歌詞の意味を考察、解釈する。

関連 【藍/スキマスイッチ】歌詞の意味を考察、解釈する。

関連 【さいごのひ/スキマスイッチ】歌詞の意味を考察、解釈する。

関連 【view/スキマスイッチ】歌詞の意味を考察、解釈する。

関連 【螺旋/スキマスイッチ】歌詞の意味を考察、解釈する

関連 【晴ときどき曇/スキマスイッチ】歌詞の意味を考察、解釈する。