【Shallow/Lady Gaga & Bradley Cooper】歌詞の意味を考察、解釈する。

今回ご紹介する曲は、2018年リリースの「Shallow(シャロウ)」。

この曲は、映画「アリー・スター誕生」の挿入歌。

映画の中でも3回は歌われる重要な歌です。

レディーガガとブラッドリークーパーとのデュエットで話題となりました。

曲タイトルのShallowという言葉が何を表現しているのか、そして何を私たちに訴えているのか、ぜひご注目ください!

【Shallow】ブラッドリーの部分の歌詞の意味は?

Tell me something, girl

Are you happy in this modern world?

Or do you need more?

Is there something else you’re searching for?

I’m falling

In all the good times I find myself longing for  change

And in the bad times, I fear myself

~日本語訳~

教えてくれ

君はこの都会の暮らしで満足かい?

それとももっと何かを求めているの?

他に探しているものが君にはあるんじゃないの?

落ちていく。

良いときは、変化を求める自分がいて、

一方で、悪いときは自分自身を恐れてしまう。

ブラッドリー・クーパー演じるカントリー歌手のジャクソン。

そんな彼が、歌手になる夢をあきらめかけているアリー(レディー・ガガ)に歌いかけるこの部分。

教えてくれ、とアリーに話しかけています。

ところでTell me something~というフレーズには、通常、about がつくことが多いです。

例えば、Tell me something about you のような形。

しかし、この「Shallow」の歌詞の部分には、about がありません。

このため、「ねえ、ちょっと教えて」のように軽く相手の注意をひくというニュアンスが強くなります。

そして、現状に満足しているのか?

それとも、もっと何かを求めているのか?

と、ジャックは問いかけます。

では、ジャックの問いかけているもの、つまり今のアリーに足りないものは何なのか?

これは、アリーの歌手になる夢、そのものだと考えられます。
ジャックは、アリーの才能を見抜き、歌手になる夢をぜひ叶えてほしいと思っているのです。

【Shallow】レディー・ガガの部分の歌詞の意味は?

Tell me something, boy

Aren’t you tired trying to fill that void?

Or do you need more?

Ain’t it hard keeping it so hardcore?

I’m falling

In all the good times I find myself longing for change

And in the bad times, I fear myself

~日本語訳~

あなたこそ教えてよ。

あなたは、心のむなしさを埋めるのに疲れていないの?

それともまだ続けるの?

そんなに頑固でいるって、大変じゃないの?

落ちていくわ。

良いときは、変化を求める自分がいて、

一方で、悪いときは自分自身を恐れてしまう。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれません。

そうです、この歌詞は、ジャックからアリーに話しかけた前の部分とほとんど対になっています。

では、アリーが指摘している、ジャックの大変さは何なのか?

これが疑問になるかと思います。

実は、ジャックは世界的に有名なシンガーでありながら、その反面、お酒におぼれ、片耳が聞こえないなど、壁にぶち当たってるのです。

名声は得たけれど、自分自身の内面はからっぽ。

そのむなしさを埋めるために苦しんでいるのかもしれません。

このようなジャックの心の弱さがこの歌詞で表現されているのだと考えられます。

また、I’m falling~の部分は、前半と同じになっています。

では、何に落ちていくのか。

気になりますよね。

ここでは、ジャックとアリーが恋愛関係にあることから、恋に落ちるという意味でFall が使われていると考えられます。

【Shallow】サビの意味は?

I’m off the deep end, watch as I dive in

I’ll never meet the ground

Crash through the surface, where they can’t hurt us

We’re far from the shallow now

~日本語訳~

私は夢中だわ、どうか飛び込むのを見ていて

後戻りはしない

水面を突き破るの、私たちが傷つけれられないところまで

私たちはもう深い関係よ

いよいよサビ。

ここでは、アリーがジャックに対して訴えています。

まず、「I’m off the deep end 」の部分。

本来、「off the deep end 」という言葉は「夢中になる」や「感情的になる」という意味を表す言葉です。

では、何に夢中になっているのか。

それは、「ジャックとの恋愛」と「歌手になる夢」この両方です。

深い場所に飛び込むときくらいに、感情的、夢中になっている状態なのです。

そして、この部分の歌詞は、deepやdiveといった言葉から、全体的に「水」が連想されます。

そして、「うわべ」を意味する「Shallow」の対となり、「深い」を意味する「deep」という言葉。

この深さは、アリーとジャックの愛の深さを表していると考えられます。

そのため、「I’ll never meet the ground」というのは、決して水底には着かない、つまり、いくら愛しても愛し足りないという意味を表していると考えられます。

そして、「Crash through the surface, where they can’t hurt us」の部分。

ここで表現されている、「水面」や「私たちが傷つけられない場所」とはいったい何を意味するのか。

ここでの水面は「アリーとジャックの恋愛やそれぞれの夢を阻むもの」と考えられます。

そして、その水面を乗り越えれば、「私たちが傷つけられない所」、つまり「恋愛とそれぞれの夢どちらも上手くいく境地」に到達するということが表現されているのです。

【Shallow】最後の部分の歌詞の意味とは?

In the Sha-ha-sha-ha-llow

In the sha-ha-sha-la-la-la-llow

In the sha-ha-sha-ha-llow

We’re far from the shallow now

Oh, ha-ah-ah

Ah,ha-ah-ah,oh,ah

Ha-ah-ah-ah

~日本語訳~

浅い関係から

私たちはもう深い関係

最後の部分では、「Shallow」がくりかえされます。

もちろん、「Shallow」は浅い、浅瀬、うわべのという意味。

そして、劇の中では、ジャックとアリーの関係性について、軽く、浅い(Shallow)恋愛ではなく、深く(deep)愛し合うようになったという意味で表現されています。

しかし、この歌詞全体が伝えたいのは、2人の愛情だけではないと考えられます。

というのも、アリーを取り巻く展開が、私たちの人生や生き方と関係しているからです。

メンツ、建前、体裁、長い物には巻かれよ、といわれるように、私たちは何かと、社会や人の目を意識して恐れ、実は、本当の自分を見失っています。

それは、主人公アリーも同じ。

歌手という夢があるけれど、なかなか上手くいかない。

自分には才能がないのではないかと悩み、何となく店のウェイトレスとして生活してしまっている。

しかし、ジャックと出会い、励まされ、自分の夢ともう一度向き合い、歌手として成功を遂げます。

その意味で自分のやりたいこと、成し遂げたいことは何なのか、それに対してきちんと向き合う、つまり自分自身を深く知ることが重要だというメッセージが込められているのではないでしょうか?

まとめ

ここまで、アリー・スター誕生の劇中歌「Shallow」の歌詞を考察しました。

いかがだったでしょうか?

「Shallow」の歌詞は、アリーとジャックの恋愛、それぞれの夢と葛藤を表しています。

歌手になる夢を追うアリー、対して、既に世界的に活躍しているジャック。

しかし、それぞれ悩み、苦しみを感じていて、その心の傷を互いに癒すかのような関係。

それぞれが水の深さに例えられ、上手に表現されています。

そして、同時にリスクにおびえ本当の自分に正直になれない、つまりShallowな私たちへ、変革を促す歌であるようにも思えます。

その意味で、世界的にも影響力のあるアカデミー賞で歌曲賞を受賞したことがうなずけますね。

タイトルとURLをコピーしました