【ネタバレあり】漫画「呪術廻戦」0巻のあらすじと感想。

週刊少年ジャンプで今話題の「呪術廻戦」は人間の負の感情から生まれる呪霊を呪術や呪具を使い、祓って戦うダークファンタジー漫画。

大人気の呪術廻戦には、主人公・虎杖悠仁が出ない漫画0巻があります。

今回は、虎杖達が入学する一年前の話が書かれた呪術廻戦0巻のネタバレありのあらすじや感想を紹介します。

今ジャンプ本誌でも話題の乙骨先輩はどんな人だったのでしょうか?

0巻あらすじとは?里香ちゃんとは?

0巻の主人公は特級過呪怨霊・折本里香に呪われた高校生・乙骨憂太です。

11歳で里香は交通事故で亡くなってしまいます。

しかし「ずっと一緒だよ」という約束を守るため里香は憂太に取り憑き、憂太を守るために特級過呪怨霊として里香が憂太に害を成すものを今まで排除してきました。

とても強力な里香を恐れ、呪術高専は乙骨憂太もろとも里香を消そうとしましたが、そんな2人を最強の男・五条悟は助けます。

憂太は一人前の呪術師を目指しての呪術高専生としての生活が始まりました。

呪霊を祓うために初めて里香ちゃんと戦ったり、棘との任務で仲間達と絆を深めていきます。

そんなある日、特級呪詛師・夏油傑が里香を手に入れるために呪術高専に宣戦布告に現れます。

呪力を持たない人間を滅ぼし、呪術師だけの世界を作ろうと目論む夏油一派は12月24日に百鬼夜行を行い、呪力を持たない人を虐殺するというのです。

そして百鬼夜行当日全ての呪術師が夏油が放った2000もの呪霊と戦う中、夏油は呪術高専にいる憂太の元に現れます。

夏油が百鬼夜行を行った真の目的は憂太を殺し、里香を手に入れるためだったのです。

夏油との対峙で、本領を発揮する乙骨とついに力を100%開放する里香ちゃんとの戦いは迫力満点で楽しむことができます。

最後は、乙骨が夏油を倒し、同時に里香ちゃんの解呪に成功し、乙骨の呪術師としての本当のスタートが始まり話は終わります。

0巻の見どころ。五条と夏油の関係

0巻での見どころは、憂太の成長が一番大きな軸ですが、五条悟と夏油傑のドラマは絶対に忘れてはいけません。

本編8〜9巻にて、呪術高専生編がありますが、そこに登場する、五条悟の友人夏油傑が0巻で登場しています。

ある日呪詛師として生きるために五条の前から消えた夏油が敵として現れます。

まず見どころは、初めて2人が対峙するシーンでは、離反して長いのにお互い悟・傑と名前で呼ぶところが、2人の強い絆が分かります。

そして百鬼夜行の終わり、夏油が五条に追い詰められるシーンは涙なしでは読めません。

五条が最後の夏油に言う言葉はわざと書かれていません。

五条がなんと言ったかとても気になりますが、彼にとって夏油傑は、どこに行っても何をしてても「たった1人の親友」だったのですね。

またこの0巻には、本編でもお馴染みの夜蛾学長や伊地知など脇役だけどちょっと癖のあるキャラクターが出てきますので、今との違いなど見比べて見るのも面白いですね。

ちなみに五条悟も0巻では黒い目隠しではなく、包帯で六眼を隠しています。

今よりも少し若いので、言動や行動もちょっと尖っていますね。

呪術廻戦本編をアニメで見たり、漫画を読んでいるという人は五条悟と夏油傑の関係や本編との違いを楽しむために0巻を読んで欲しいです。

感想まとめ。アニメの次は映画だ!0巻は絶対に読むべき!

2020年冬アニメとして爆発的大人気であった呪術廻戦ですが、アニメ最終回で発表されたのは2021年冬に後悔される0巻の映画です。

0巻が書かれた時にはまだ呪術廻戦の本誌での連載や話は考えられていなかったと作者の芥見下々先生は0巻のあとがきに記載しています。

しかし内容は呪術廻戦本編の超キーワードとなる大切な話なので絶対に忘れてはいけませんね!

私個人の感想としては、まだ本編を読んでいない、アニメまでしか見ていない!と言う人には、ぜひ時系列として1〜9巻→0巻→10巻〜の順で単行本を読んで欲しいと思います。

そして特におすすめの8、9巻の呪術高専生編が好きな人は絶対に0巻を読むべし!

あと、五条先生が好きと言う人はちょっといつもと違う五条先生が見られます。

でも最強はやっぱりかっこいい!

また現在本誌で呪術廻戦を読んでいる人は、乙骨先輩が強くて怖い先輩だと思っている方も多いはず…

0巻での呪術師の卵の乙骨憂太は元々いじめられっ子の気弱な少年で,今との違いに驚くかもしれません。

里香ちゃんに純愛の乙骨憂太を0巻でたっぷり楽しんではいかがでしょうか?

まとめ

今回は呪術廻戦0巻のあらすじまとめや感想を記載してまいりました。

乙骨先輩や真希、棘、パンダの可愛い姿や、五条と夏油の過去が気になる方は絶対に0巻を読むことをおすすめします!

タイトルとURLをコピーしました